金丸ブログ|長野県上田市の経営コンサルタント事務所|金丸中小企業診断士事務所
2012/10/10

専門家の相談料は高いのか

私の場合(中小企業診断士)、相談料は1時間10,000円であるが、弁護士、社会保険
労務士等士業といわれる専門職に相談した時の報酬は、一般的にはこれくらいが相場で
あろう。
「これってちょっと高いんじゃないの」と思われる方も多いようである。
本当に高いんでしょうか?

続きを読む...

2012/10/07

会社再建と再生の違いとは

再建とは、建て直すことであり、建物に例えるなら修繕であり、改装であり、改
築である。つまり主要構造体そのものは残し、現状回復や内外装の張り替え、レ
イアウトの一部を変更することである。大幅なリストラ、経営戦略の抜本的見直
し、新分野進出などが該当する。
一方再生は、生き返させることであり、生まれ変わることである。こちらも建物
に例えるなら木造から鉄骨造へ構造を変えたり、移築によって場所を変えたりと、
場合によっては現状をとどめないほどの大きな転換を伴うものである。民事再生
法や会社更生法による再生はもちろん、私的整理、第二会社方式による事業の一
部譲渡、M&Aなどがこれにあたる。
言葉の使い分けはともかく、経営者の強い決意がなければできないことは、当然
であろう。特に小規模企業の再生にあっては、経営者の覚悟が決まらなければ絶
対にできない。
しかしその決意と覚悟をもって、見事に再生をやり遂げた経営者も多い。とにか
く早めの相談が成功への近道である。 ⇒成功事例はこちらをクリック

2012/10/07

1000人の家計簿 ラーメン

日経MJ24年10月3日第2面によると、この1年間に外食でラーメンを食べた頻度は、
「週に1回以上」と回答した人が11.6%だが、男性に限れば16.8%で、20代男
性では10人に1人以上が「週2回以上」と突出しているという。

価格の上限も「800円以上」は全体で2割弱だが、20代男性では4割以上と2倍以上
で、頻度でも価格でも20代男性のラーメン好きが感じられる。
ラーメン店を開業するなら、20代男性をターゲットにするのが一番効果的ともいえるが、
逆に女性に支持されるラーメン店を作り上げられれば、独り勝ちの可能性もでてくるかも
しれない。

データは重要であるが、そのデータをどう読みこなし、経営者の思いとどう擦り合わせる
かは、やはり経営者しだい。理念がないと、データも単なる数字の塊にしか見えないこと
だろう。

2012/10/07

金融円滑化法終了迫る

金融円滑化法、いわゆるモノトリアム法が来年3月で期限を迎える。この法律を
活用して借入金の返済猶予をしてもらっていた中小企業の約8割は、いまだ本来
の返済は無理と言われている。

こんままだと、来年以降たいへんなことになると我々専門家は考えているのであ
るが、当の中小企業経営者はのんびりムードのようである。
しかし金融機関によっては、どこを残し(猶予を先延ばし)どこは潰すか(猶予
終了し返済を迫る)といった選別をすでに始めたといううわさも。
その対策は・・・

続きを読む...

2012/10/03

経営応援ステーション

企業にとって会計は絶対に必要な間接業務。
でも、税理士さんや会計事務所に頼むと、結構な報酬が必要では・・・
小規模企業に安くて安心な会計支援システムがある。
それは・・・・・

続きを読む...