金丸ブログ|長野県上田市の経営コンサルタント事務所|金丸中小企業診断士事務所

経営相談

2014/03/20

妄想の構想は功を奏するか Ⅰ-③

信州の郷土食”おやき”を
日本、世界のファストフードとするプロジェクト その3


3.おやき製造販売企業の実績
 
おやきを製造販売しているお店は、長野県内には数多い。私の住んでいる坂城町
だけでもいくつかあるし、お隣の上田市に行けば中心部には結構な数のお店がお
やきをおいていて、多くは自家製である。

また、県内に限って言えばどこの市町村に行ってもおやきを販売している店はあ
るし、スーパー、コンビニでもおやきは売られていてなじみが深い。観光地や観
光客が多く利用する高速道路のサービスエリア、道の駅にもほとんどおやきはお
いてある。

しかし、企業としておやきの製造販売で実績をあげているところとなると数少な
い。そのなかでも地域おこしとからめて成功している企業で、思い浮かぶのは株
式会社小川の庄(上水内郡小川村)と有限会社いろは堂(長野市鬼無里)である。
既に有名なので詳細は省くが、いずれもこんな山の中からよくここまでになった
なと感心させられるし、地域資源をうまく活用した地域おこしの好例といえるだ
ろう。

東京商工リサーチの企業情報によれば、株式会社小川の庄の平成24年9月期の
売上高は約7億4千万円、利益は5百万円、売上の約55%がおやきの製造販売
というから、約4億円はおやきによる売上である。
一方、有限会社いろは堂は平成25年3月期の売上高約4億3千万円、利益は2
千万円の損失であるが、こちらは売上の99%がおやきの製造販売である。
1つ200円前後のおやきでここまでの売上をあげていることに驚くとともに、
ここまでに育て上げたことは称賛に値する。

しかし,である。日本マクドナルドの売上は、平成24年12月期で約3000億
円弱である。小川の庄といろは堂のおやき売上をプラスしても足元にも及ばない。
それは何故であろうか。

(次号に続く)