金丸ブログ|長野県上田市の経営コンサルタント事務所|金丸中小企業診断士事務所

経営レポート

2014/01/20

妄想の構想は功を奏するか Ⅰ-②

信州の郷土食“おやき”を
日本、世界のファストフードとするプロジェクト その2


1.おやきの特性とファストフード

 マクドナルドを例に売上が伸びる理由を考えてみると、朝マックは朝食として、
セットメニューはランチや夕食として利用されているが、小腹がすいた時のおや
つにも便利である。それだけではなく、コーヒーブレイク、夜食、お土産用にテ
イクアウト、街をぶらりしながらの食べ歩きにも幅広くマクドナルドは使われて
いる。
 つまりお客が途切れる時間帯が少ないのである。ご飯物や麺類などは、食事の
時間帯は混雑するが、それ以外は極端に客数が減ってしまう。  
しかしマクドナルドはいつ行っても、誰かどうかお客がいる。これは売上を確保
するという意味で絶対にかかすことのできない強みである。

 では、このマクドナルドの強みとおやきの特性を比べてみよう。おやきは、昔
から信州では食事の代用として使われてきた。小麦粉の皮と中身が味噌などで調
理した野菜中心であるから十分食事になる。スーパーやコンビニ、商店街のお店
でもおやきはよく売られていて、食事にしたりあるいはおやつにしたりしている。
レンジでチンすれば、作りたてのような熱々のおやきを食べられるので、受験生
の夜食、残業食にも手頃であるし、テイクアウトもできる。手で持って食べ歩く
人はあまり見かけないが、具材は皮の中に入っているため、もう少しおしゃれ感
さえだせば、食べ歩きにももってこいだ。
このようにみてみると、おやきはマクドナルドの売上アップの強みをすべて兼ね
備えているといっても過言ではない。


2.品揃えの豊富さ

 どんなにおいしい食べ物でも頻繁に食べれば飽きがくる。お客に飽きさせず頻
繁に利用してもらうには、品揃えの豊富さ、時節に合わせた季節商品の提供、新
商品の開発は絶対に必要な条件となる。おやきは中に入れる具材でかなりの品揃
えが可能な食べ物である。今売られているものをざっと拾い上げても、

    なす、かぼちゃ、おから、キャベツ、玉ねぎ、切り干し大根、
    野沢菜、ごぼう、きんぴら、コーン、にら、あんこ、しめじ、
    ふきみそ、あざみ、クレソン、こごみ、舞茸、じゃがいも、
    行者にんにく、ひじき、・・・・

となんでもいけそうである。
山菜や希少価値のある伝統野菜などを利用すれば、季節商品もかなりできそうだ
し、同じ食材でも味付け、調理法など変えればいくらでも新商品開発が望めそうで
ある。バラエティ豊かなのである。

(次号に続く)